「ほっ」と。キャンペーン

乾燥肌の症状

残った角質を取り去るいらなくなった角質を取り去るのは顔色がさえないときや滑らかさを取り戻したいときにとても有効ですがやりすぎると考えているよりも本来の肌まで傷ついてしまい皮膚のアレルギー、乾燥肌の発生源にもなりかねないから注意があなたのお肌を決めることになります。

年齢肌の引き金になるのは世代が上がるにつれて起こるコラーゲンが足りなくなる事にあわせてUV対策の不足で大切といわれるコラーゲンがダメージを受ける事があるのでピンとはった肌を取り戻すには浴びる紫外線の量を少なくする事はとても女性のあるべき姿ですね。

水分不足は皮膚のプルンとした感じが足りないは言うまでもなく衰え感を抱える要因に繋がるので美肌をカバーするには水分不足が気にかかるならいそいでお手入れして下さい。セラミド化粧品を使ったお手入れは知っておいて下さい。

乾燥肌の症状というのが深刻になってきてしまうと自然に人生も難しくなるパーセンテージもあるので乳液などを使っても耐えられない苦しみなどがあれば早々にお医者さんなどに治療法のアドバイスを受けて下さい。



[PR]
# by patinalife33 | 2013-12-31 17:57 | 日記

今では便秘知らず

今日は朝にガッツリご飯食べてたらダンナに苦笑されました。朝食は一日の活力源になるから沢山食べた方がいいんですぅ。
って言ったら旦那はあっそう?と言わんばかりのすました顔して出勤していきました。
なんかイライラが残る夜ですが、気を取り直してもう一杯コーヒー飲んで気持ちを落ち着かせたいと思います★

そういえば今では便秘知らずの私。
よく友達に、「何か飲んだりしてるの?」って聞かれるけど、お茶だけは飲むようにしています。
そのほかには特に何か飲んだりはしてないけど今では便秘知らずなんだよね。
最近、ネットで便秘解消の特集みたいなのをみてたら私が普段何気なくしてきたことが便秘ケアの秘訣だったみたい。

[PR]
# by patinalife33 | 2013-12-15 23:43 | 日記

マゴットセラピーって?

糖尿病が引き起こす症状に手足の壊疽というものがありますが、壊疽の広がりが治まらずにその手足を切断するところまで発展することがあります。切断となると大きなダメージがあり日常生活にも影響してきます。

出来るだけ切断をくいとめることが出来ないかということでマゴットセラピーというのがあるようです。マゴットセラピーという言葉そのものはそれほど浸透していないかもしれません。

たしかにこの治療方法そのものも一般的に知れ渡っているとは思えません。どういうものかというと、ハエのうじを壊疽の傷口に住まわせ、壊疽部分を食べてもらうことで壊疽の広がりを食い止めるという治療方法だそうです。

もちろん医療用のハエのうじですが多くの人は抵抗があると思いますが手足の切断という状況を考えると多くの人は受け入れるのではないかと思います。これは原始的な治療方法ではなく現在の医療として確立しているものだそうです。


[PR]
# by patinalife33 | 2013-11-27 19:56 | 日記